風俗情報サイト

サイトロゴ

元カノそっくりなデリヘル嬢の思い出

高校時代の彼女が忘れられない

私は高校時代に付き合っていた彼女がいたのですが、些細なことでケンカをして別れてしまったのです。
その後も何人かの女性と付き合ったのですが、どれも高校時代の彼女には及びません。
今でも私は、常に当時の彼女の影を追いかけてしまっているのです。
その元カノは小柄なタイプでロングヘア。
さらに、特徴的なアニメ声をしていました。
私はきっとそういったタイプの女性を心から求めているのです。
これまでそういった女性とはなかなか巡り合うことが出来ませんが、なんと意外な形で出会いました。
それは鹿児島のデリヘルです。
私は転勤で1年前から鹿児島で生活しており、給料が出たこともあってなんとなくデリヘル遊びをしてみました。
特にこだわりもありませんので、指名料を節約してフリーで遊ぶことにしたのです。
そこでやって来た女性が元カノと瓜二つ。
これには驚いてしまいました。

性格も元カノにそっくり

元カノは少し気が小さいタイプだったのですが、このデリヘル嬢も話してみると同じようなタイプです。
この思いがけない出会いに私は大興奮してしまいました。
まさか鹿児島にこんな女性がいるとは思ってもいなかったのです。
私はそのデリヘル嬢を週1のペースで指名しました。
デリヘル嬢にとって私は太客だったので、とても愛想が良かったことを覚えています。
そして、5回ほど指名をした時、そのデリヘル嬢から「なぜ私を指名するの?」と聞かれたのです。
そこで私は正直に答えました。
「実は元カノにそっくりだったから」
すると、そのデリヘル嬢は喜んでくれたのです。
その様子を見てから、ますます元カノに見えるようになり、何度も指名をしました。

突然の別れが訪れる

そのような生活が1年ほど続きました。
約週1のペースで指名していたので、もう50回近く会っていたでしょう。
しかし、突然別れが訪れたのです。
プレイの後にデリヘル嬢から直接伝えられました。
「これが最後のプレイになるから、元カノのことは忘れて」
と言われたのです。
そこで私は我に返りました。
いつまでも元カノを追いかけ続けてしまう人生では、意味がありません。
私は、そんなデリヘル嬢の言葉によって、元カノを忘れることが出来たのです。
そのデリヘル嬢は翌日に退店しており、そこから会うことはありませんでした。
確かにこの別れは寂しかったのですが、このデリヘル嬢を指名している限り元カノを忘れることは出来なかったのでしょう。
こうして私は元カノを忘れて、新しい彼女を探す決心ができたのです。
今では新しい彼女が出来て幸せな生活を送っています。